【海外に出るべき手相】海外で活躍する人がもつ手相について解説します。

 

海外での生活が向いている人もいれば、向いていない人もいます。

 

向いている人の中にも、単純に旅行で海外に来るのが良い人もいれば、海外に在住して海外でこそ活躍できるという人もいます。

 

その人が海外に向いているかどうか、海外で大成するかどうかは、手相を見て判断できるそうです。

海外で活躍する人には決まってある手相があるとか。

 

 

手相をはじめ、占いは気休めでしかないと思いつつも、ついつい気になってしまうものです。

 

今回は、そんな海外で活躍する人がもつ手相について解説したいと思います。

 

海外で活躍する人がもつ旅行線。別名イチロー線。

 

海外で活躍する人が共通して持つといわれる手相が旅行線です。

 

メジャーリーグで大活躍したイチローが持つ手相ということで、イチロー線とも呼ばれます。

 

どんな手相か、どんな特徴があるのか解説したいと思います。

 

 

旅行線がある人は海外に縁があります。

 

旅行線は、生命線から下部あたりから、月丘へと伸びる線です。

 

月丘と呼ばれる小指付け根の下に広がる手のひらの肉が付いた部分で、手相において月丘は「生まれ育った土地から離れた場所」を意味します。

 

生命線から、月丘に向かって伸びる線があれば、生まれ育った場所から遠く離れて、つまり海外に行って生活や仕事をした方が、運が開きやすいと言われています。

 

旅行線が濃い人、より長い人ほど、海外に向いており、海外でこそ活躍できます。

 


※赤色が旅行線

 

右手と左手のどちらを見るかについてですが、左手は先天的なもの、右手は後天的なものを表すと言われています。

 

多くの人の利き腕である右手は、生まれた後の経験がより反映された手相になっており、そのため後天的な手相と言われます。

 

一方で、その人が生まれ持った特徴を知るのであれば、先天的な特徴を表す左手の手相を見ましょう。

 

 

旅行線が薄い人や、そもそも旅行線がない人もいますが、そういう人は海外に出ない方がいいというわけではありません。

 

そもそも海外に来てもあまり遠くに来たと感じない人には、この旅行線が現れないそうです。

かといって、その人が海外に向いていないというわけではないので、旅行線がなくても海外に出ることはなにも問題ではありません。

 

ただし、旅行線が薄かったり、現れていないときに、長期の旅行はあまりおすすめされません。

 

旅行線が薄い人や現れていない人は、そこまで海外に重きを置いていない傾向にあり、せっかくの旅行にきても感動を味わえずに終わってしまうパターンが多いです。

 

そういった方ははじめての場所への小旅行を繰り返し、旅行の楽しさや感動を味わうことで、次第に旅行線が濃くなっていくと言われています。

 

 

あのイチローがもっている手相として有名になりました。

 

この旅行線が有名になったきっかけは、メジャーリーグで活躍したイチローが持っていた手相ということでした。

 

19年間メジャーリーグで活躍したイチロー。

シーズン最多の262安打を達成、10年連続で200安打を達成など、たくさんの記録を打ち立てました。

 

 

イチローの手相を見ると、生まれ持っての天才ではなかったと分析する占い師が多いです。

イチローの野球センスは努力によって得たものだそうです。

 

そんなイチローがメジャーリーグでこれだけ活躍できたのは、この旅行線があったからだと言われます。

そのためこの旅行線は、一般的にイチロー線とも呼ばれます。

 

 

この旅行線を持つ人は、あのイチローのように海外で大活躍する可能性を秘めていると思うと、海外でチャレンジしたくなってくると思います。

ぜひ海外移住について前向きに検討してもらえればと思います。

 

 

その他、海外向きの手相を紹介します。

 

一般的に海外で活躍できる手相といえば旅行線を指しますが、その他にも海外で活躍する人が多くもつ手相があるので紹介します。

 

海外で活躍するには、努力はもちろん、天性の才能や運が必要であるといいます。

 

今から紹介する手相がある人は、海外で生きていくうえで重要な能力を持っているといえます。

ぜひ自分の手相をチェックしてみましょう。

 

感情線と生命線が離れている手相。

 

感情線は、人差し指の付け根下部分を起点にして、手のひらを真横に走る線です。

一般的に、生命線と感情線の起点は重なっています。

 

しかし何人かに一人の割合で、生命線と感情線の起点が離れている人がいます。

手相占いにおいてはこれを「離れ型」と呼びます。

 

この離れ型の人の特徴として、大胆で行動的であることが挙げられます。

 

海外で生きていくうえで、もっとも大切なことは行動力です。

 

海外の企業では何も行動しない人、発言しない人は、不要な存在としてすぐに排除されます。

日本企業では行動せずに何となくで働くだけでやっていけても、海外では到底受け入れられません。

 

積極的に動くことができる人こそ海外で活躍できるのであり、この離れ型を持つ人は海外で活躍できる人であると言われます。

 

 

 

運命線が月丘から伸びている手相。

 

運命線とは、手首側から中指の下あたりまで伸びる縦の手相です。

 

この運命線では、社会運や仕事運を見ることができます。

 

 

そしてその運命線が、さきほど説明した月丘から伸びる手相を持っている場合、海外で生きていくうえでとても有利であるといえます。

 

 

月丘から伸びる運命線を持つ人は、自然と周囲に人が集まるという才能があります。

何か困ったことがあったときも、周囲の助けがあって乗り越えていける人です。

 

異国の地で異なる人種の人々と生活するなかで、人間関係はとても重要です。

言葉によるコミュニケーションがとれなくても、自然と人間関係を築くことができる人がいますが、そういった人はまさにこの手相のタイプだといえます。

 

 

海外での生活において困難はつきもので、なにか乗り越えたと思えば、またすぐに新しい困難がやってきます。

 

しかし、一人ではなかなか乗り越えられない困難も、周囲のサポートがあれば乗り越えることができます。

周囲に人が集まってくるというのは、天性の才能です。

 

もちろん努力で人は変われますが、この天性の才能を持つ人は、どこに行っても活躍することができます。

 

まさに海外で活躍するために持っていたい手相です。

 

今すぐ無料説明会を予約!月額9800円で通い放題のプログラミングスクール【Freeks】

まとめ

 

今回は海外で活躍するうえで、持っていると良いといわれる手相について解説しました。

 

注意しておきたいのは、これらの手相がないと海外で生活できないというわけではありません。

どういう人が海外に出たらよいか。その答えは海外に興味がある人は全員海外に出てみるべきです。

 

しかし、海外に行きたくとも、さまざまな理由から海外進出にストップをかけてしまっている人が大勢います。

そんな人たちの背中を押す手段として、手相を見て背中を後押しするというのはアリかなと思います。

 

そもそも占いは気休め程度でしかなく、この手相がなければいけない、ということは一切ありません。

 

しかし、占いのプロからすれば、占いは過去の実績に基づく統計学だそうです。

過去の統計をもとに、この手相を持つとこういう傾向があると分析しているのが、手相占いです。

 

 

今回紹介した手相が自分にある人は、過去の統計上、海外で活躍できる人たちです。

 

まずは旅行からでOKです。

もし海外に興味があるのであれば、ぜひ行動してみましょう。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA