【努力なくして成長なし】おすすめの英語上達方法 5選【全て実践してください】

 

どうすれば英語が上達するか。

 

ネイティブスピーカーじゃない者にとって、それは永遠の課題です。

 

 

英語圏の国に住み始めれば、自然と英語が聞き取れるようになり、自然と口から出てくると言いますが、決してそんなことはありません。

 

特に、家にこもりがちな人は、英語の上達が極めて遅いです。

 

遅いどころか、全く成長なしという人もたくさんいます。

 

努力しなければ成長はありません。

英語を聞く努力、話す努力が必要です。

 

今回は、英語が全く上達しないで悩んでいる人のために、いくつかおすすめの方法を紹介します。


 

おすすめ英語上達方法 5選

 

今回は5つの方法について紹介します。

 

USA在住者であることを前提に方法を紹介しますが、日本に住んでいても実践できる方法がたくさんあるので、日本居住者の方もぜひ参考にしてください。

 

簡単に始められるものもあれば、ハードルが高いものもあります。

しかしハードルが高いものほど効果は大きいです。

 

努力をして、困難を乗り越えるほど成長します。

ぜひハードルが高いことから挑戦しましょう。

 

①英語が公用語の職場で仕事を始める

いきなりですが、最もハードルが高いことだと思います。

 

しかし、効果は一番あります。

 

聞く、話す、読む、書く。

仕事を通して全てを日々実践することになるので、上達がとても早いです。

 

 

日本の教育は読み書きばかり重点を置いているため、コミュニケーションに最も重要な聞き取る力と話す力が足りない人がほとんどです。

 

仕事でのコミュニケーションは、聞く、話すがメインになるので、日本人の苦手なスキルが徹底的に鍛えられます。

 

 

当然ですが、日本語ばかり使用する職場では何の意味もありません。

 

しっかりネイティブスピーカーと英語でコミュニケーションをとれる(とらなければならない)職場を選ぶ必要があります。

 

 

かといって、英語ばかりの職場だと、メンタルが持たないという人が多いと思います。

 

 

そういった場合、自分が日本人だからこそ強みになる職場を探すのが良いです。

 

もし日系企業で現地採用を募集しているのであれば、絶対に申し込むべきです。

 

また現地にある日本食レストランは、日本人以外が経営している店がたくさんあるので、そういった店で働くのも良いと思います。

日本語が話せること、日本の料理を知っていることが、働くうえでの強みにもなるので、採用されやすいし、職場で活躍できるので働き甲斐もあります。

 

 

日本人ばかりで経営している日本食レストランだと、職場内の公用語が日本語になってしまうので却下です。

あくまで職場内の公用語が英語である店を探してみましょう。

 

 

そして、仕事を始めるうえで最大の問題が、就労権限を取得しなければならないという点です。(グリーンカードを取得している人は必要ありません。)

 

その点については、下記リンクでまとめていますので、ぜひ確認してみてください。

 

確認すべき事項や注意点はありますが、就労権限を申請する方法自体はとても簡単です。

 

 

現地の企業、店で仕事を経験するというのは、今後のキャリアや、人生における経験として、とても貴重な財産になります。

英語の上達だけではありません。

お金がもらえるだけでもありません。

 

それ以上に大きな財産を得ることができます。

 

新しいチャレンジはとても不安で怖いものですが、その恐怖に勝ち、一歩踏み出すことができる人が、英語を上達させられる人であり、成功する人でもあります。

 

駐在員の奥さんだって、働くことはできないと決めつけてはいけません。

行動が大切です。

 

はじめから無理と決めつけず、あきらめずに旦那さんの職場に問い合わせをして、できる限りチャレンジをしましょう。

 

 

②学校に通う

 

現地の学校に通いましょう。

 

有料の学校もあれば無料の学校もあります。

 

良く利用されるのがESL(English as a Second Language)です。

 

ESLは、英語を母国語としない人向けに、英語教育をしてくれるクラスです。

いろいろな国の人が集まり、一緒に英語を学ぶことができます。

 

ただ聞くだけでなく、ディスカッションもあれば、発表もあります。

 

多くのESLは、最初にテストを受けて、その人のレベルにあったクラスを割り振ってもらえます。

最初は不安かもしれませんが、実力にあったクラスに参加できるため、すぐに慣れるので安心してください。

 

そして大変ありがたいことに、低予算で参加できます。

数か月で100ドル程度のところもあれば、仲には無料で参加できるというESLもあります。

 

週に数回なので、負担も小さいです。

家事や他の仕事をしなければならない人にとっても、そこまで負担にはならないので是非始めてもらいです。

 

なお、最近はほとんどのESLがオンラインで授業を行っているそうです。

オンラインでもディスカッションや発表など行っているので安心してください。

 


 

③リアリティショーを見る

よく言われるのが、英語字幕を付けて英語のテレビや映画を観るという方法です。

 

それに加えておすすめしたいのが、リアリティーショーを見るということです。

 

リアリティーショーは、有名人ではない一般人の生活を録画した番組です。

日本では”テラスハウス” や “あいのり” などが有名です。

 

アメリカはリアリティーショーが大人気です。

 

以前紹介したNETFLIXの”Love is Blind”もその一つです。

 

 

ドラマや映画も良いですが、それらは全て作られたセリフです。

 

しかしリアリティーショーは違います。

台本の無い、日常の会話そのものです。

 

ネイティブの日常会話を聞き取るためには、日常会話を聞く練習が必要です。

 

リアリティーショーは、練習材料として打ってつけなのです。

 

 

そして、リアリティーショーの良い点は、番組の種類が豊富なところです。

 

いろいろな分野のリアリティーショーがあります。

 

恋愛をテーマにした番組もあれば、料理の番組もあれば、ファッションの番組も。

分野はさまざまです。

 

自分の興味がある分野の番組であれば、見ていて飽きることもないし、意味も理解しやすいので、題材としてふさわしいです。

 

 

おすすめは、Blavo TVというチャンネルです。

 

テレビの契約次第ですが、大抵のプランでBlavo TVを視聴することができます。

 

このチャンネルでは、たくさんのリアリティーショーが放送されているので、何かしら自分の好きなリアリティーショーを見つけられることと思います。

 

 

また、隙間時間にしかテレビを見られないという人は、定番のNETFLIXでも良いです。

好きな時間に好きなだけ見ることができるので、見逃しもなく楽しむことができます。

 

 

もちろん、英語字幕を付けて視聴してください。

日本語字幕ではだめです。

 

そして、出来ることなら口に出してみましょう。

 

字幕を読むのではなく、しゃべった言葉を、聞こえたままに口に出すのです。

 

そして発音すると同時に、字幕を見て、実際には何と言っていたのかチェックできるとベストです。

 

聞いたままリピートしつつ、字幕を読んで文としても理解する、というのは慣れないうちは難しいと思います。

しかし、すぐに慣れます。

 

リアリティショーを見て、日常の会話を耳で聞き、そのまま口にし、字幕を見て答え合わせをする、この繰り返しで格段に上達します。

 

 

④独り言

 

普段一人の時に、英語で独り言を言うというトレーニングもおすすめします。

 

まず、このトレーニングをするときは、頭の中で考えてはいけません

考えていることすべてを口に出します

 

そして日本語を口にしてはいけません。

口にするのは全て英語にします。

 

こうすることで、常に英語で思考し、英語を口にするトレーニングができます。

 

 

もしも口にしないで頭の中で考えてしまうと、英語で思考しようと意識しても、気が付いたら日本語に切り替わってしまいます。

 

しかし、実際に英語を口に出しながら思考することで、ずっと英語で思考することができます。

 

テンポよく英語で会話ができる人ほど、頭の中で日本語に訳すという作業をしません。

聞き取った英語を英語として理解し、英語で思考したうえで、英語を口にすることができるため、会話のテンポが良くなります。

 

この独り言トレーニングで、英語で思考して英語を口にするクセをつけましょう。

 

始めのうちは、思考がフリーズすることと思います。

しかし諦めずに続けることで、必ず慣れてくるので、継続しましょう。

 

 

そして、言いたいことがあるのに何と表現したらよいか分からないときは、その場ですぐに調べましょう。

 

単語や熟語の習得には、二つのレベルが存在すると思います。

 

一つは読んで理解できるレベル。

そしてもう一つは、瞬時に口に出すことができるレベルです。

 

読んで理解できるレベルの習得ですと、頭の中で訳さないと使えません。

筆記テストではこのレベルの習得でも通用します。

 

しかし頭の中で訳さないといけないので、このレベルだと、いざ会話したときには使えない語彙となってしまいます。

せっかく学んで覚えたのに、このレベルでストップさせてしまうのは本当にもったいないです。

 

会話に必要なのは、瞬時に口に出すことができるレベルの習得です。

そして、どうすればそのレベルまであげられるかというと、実際に口に出して経験することです。

 

発音の練習をするというわけではありません。

 

その単語や熟語を使って、実際に自分なりの文章を作り、それを口にだす練習をするということです。

それを繰り返すことで、完全にその単語や熟語を習得し、瞬時の会話でも使用することができるようになります。

 

だからこそ、独り言はとてもよいトレーニングになります。

 

自分の考えていることを英語で口に出す。

どう表現したらよいか詰まった時には、すぐに調べてそれを口にだす。

 

この独り言トレーニングを繰り返すだけで、会話する能力が格段にあがるでしょう。

 

⑤食事会・飲み会

 

飲みにケーションは世界共通、そして最高の実践練習です。

 

別に飲まなくても大丈夫です。

ただ飲んだ方が気持ちが軽くなって話しやすくなるという人も多いので、そういった人は飲むことをおすすめします。

 

気持ちが軽くなると、表情豊かになり、自然と声のトーンがあがり、ボリュームも増えます。

 

そうすると、自分はこの人に伝えたいんだ、という想いが相手に自然と伝わります。

 

その想いが伝われば、文法や発音がめちゃくちゃでも、相手は必死に理解しようとしてくれ、しっかり伝わるのです。

 

結局、コミュニケーションで一番大切なのは、その想いを伝えられるかどうかです。

知識や技術ではなく、メンタルです。

 

 

想いを伝えるのが得意な人と苦手な人がいます。

 

得意な人は、飲み会に関わらず、普段の生活から自然とそれができてしまいます。

イッテQの出川がまさにこれでしょう。

 

そういう人はどこにいっても生きていけます。

 

苦手な人は、ここを鍛えることが必要で、食事会や飲み会はまさに最高の実践練習となります。

 

はじめのうちは食事会や飲み会をするとなると、緊張して後悔すると思います。

しかし、それを乗り越えた先に成長があります。

 

積極的に現地人との食事会や飲み会に参加しましょう。

 

 

食事会・飲み会をするにも相手がいないと言う人がいますが、知り合う方法はいくらでもあります。

 

①で書いたように仕事を始めれば、同僚を誘って食事会ができます。

 

②で書いたように、ESLなどの学校で知り合った人でも良いです。

 

住んでいるアパートの隣人に、日ごろから挨拶をして、少しずつ会話を増やして行けば仲良くもなれます。

 

今どきはマッチングアプリを使って共通の趣味などを持った人と簡単に出会うこともできます。

 

日本のアニメは大人気なので、日本語や日本の文化を学ぶために日本人と話したい、という現地人はたくさんいます。

 

積極的に食事会や飲み会を開催して参加するようにしましょう。


 

5つの方法を紹介しましたが、どれが一つに絞る必要はありません。

 

すべて採用することもできるはずです。

 

結局はどれだけ強い意思があるかです。

本気で上達したいと思っている人は必ず上達します。

 

何となく上達したいなと思っている人は、成長も何となくです。

 

英語が上達したいという人は、ぜひ5つの方法すべてにチャレンジしてみてください。

 

まとめ英語圏に住めば英語が上達するわけではありません。
英語上達には必ず努力が必要です。
今回は英語上達におすすめの方法を5つ紹介しました。
しかし結論は、英語を上達させたいという強い意志があるかどうかです。
強い意志があるのであれば、この5つの方法すべてを実践するよう行動してみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA